田沼意次(江戸時代)

田沼意次

<出典:ボケプリ

田沼意次 たぬまおきつぐ (1719~1788)

 

1719年。

田沼意次は田沼家の子として誕生。

父は紀伊藩(和歌山県)の足軽で身分は低かったですが、8代将軍になった徳川吉宗とともに江戸に出てきました。

 

田沼意次は16歳のとき。

つぎの将軍となる徳川家重(いえしげ)のそばに仕えることとなり、7年後、1万石の大名となりました。

 

家重の子である徳川家治が10代将軍になると、家治にも仕えるようになり、田沼意次は静岡県に城を築きます。

1772年。

老中となって幕府の実権を握ると、石高も増えていき5万7000石になります。

田沼意次の政策

田沼意次が老中になったころ。

幕府の財政が苦しくなっていました。

年貢米ではこれ以上の収入は得られないと考えた田沼は、商業に注目。

財政を立て直すため、商業から税を取ろうと考えます。

そこで、商人や手工業者に株仲間という特権を与えると、営業税をかけます。

さらに、商人の力を借りて新田も開発。

ロシア人と貿易するために蝦夷地の調査も行います。

 

このような田沼の積極的な政策は、学問にも影響。

前田良太と杉田玄白による「解体新書」の出版も、この影響でした。

 

1782年。

東北地方が冷害に見舞われると、翌年、浅間山が噴火。

天明の大飢饉と呼ばれる全国的な飢饉が発生します。

すると、米の値段が上がり、百姓一揆や打ちこわしが各地で発生するようになります。

 

このような中で、田沼意次の子である田沼意知が江戸城内で殺されてしまいます。

田沼意次の政治に不満を持っていた人々は、この事件を「世直し大明神」ともてはやします。

これをきっかけに、田沼の勢力は衰え、1786年。

将軍、徳川家治が亡くなる直前に老中をやめさせられ、領地も1万石に減らされてしまいます。

そして、1788年。

田沼意次は失意のうちに亡くなりました。