徳川家康(江戸時代)

Tokugawa_Ieyasu2

<出典:wikipedia

徳川家康 とくがわいえやす (1542~1616)

 

 

1542年。

徳川家康は、三河国(愛知県)の大名である松平家の子どもとして誕生。

小さいころは竹千代と呼ばれていました。

父親が今川氏の助けを受けていたため、幼少期の11年間を今川氏の人質として静岡市で過ごしました。

 

1560年。

今川義元が桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)で敗れると、家康は三河の岡崎に帰ることとなります。

地元に帰った家康は、やがて三河を統一。

織田信長と手を結んで、次第に勢力を拡大していきます。

 

本能寺の変で信長が死ぬと、豊臣秀吉がその後継者に。

天下統一のチャンスが来たため、一度は秀吉と対立して争うこととなります。

しかし、お互いに戦争の天才なので無理な戦はせず、決着がつきません。

しばらくして、分が悪くなった家康は、秀吉の求めに応じて天下統一の仕事を助けることにします。

このころ、家康は三河を中心に5ヶ国を支配する大名になっており、「海道一の弓取り」と呼ばれていました。

 

1590年。

秀吉が小田原城の北条氏を倒すと、家康は関東に移ることを命じられます。

家康は江戸を本拠地と定め、秀吉に協力しながら力を蓄えていきます。

秀吉が死ぬと、家康と豊臣方の大名が対立。

1600年に関ヶ原の戦いが起こります。

東軍の家康に対して、西軍の中心は石田三成。

「天下分け目の戦い」に勝利した家康は、全国の支配権を握ります。




江戸幕府を開く

1603年。

家康は征夷大将軍に任命されると、江戸幕府を開きました。

1605年。

江戸幕府を開いてすぐに、家康は将軍職を息子の秀忠(ひでただ)に譲ります。

これは、将軍職は代々徳川家が継いでいくという慣例を作るためで、実際には家康が政治を行いました。

 

当時、全国には約200人もの大名がいて、それぞれが領地を治めていました。

家康はこの大名を3つに分けます。

1、徳川一族の”親藩(しんぱん)
2、関ヶ原の戦い以前から従っていた”譜代(ふだい)
3、関ヶ原の戦いののちに従った”外様(とざま)

外様大名を江戸から遠いところに配置することで、長年協力してくれた人との差別化をはかりました。

 

さらに家康は、大名を取り締まるための法律”武家諸法度”を制定。

これに違反するものを処罰します。

また、大名が反抗する力をつけないよう、土木工事などを命じて大金を使わせました。

 

こうして約260年に渡る江戸時代の基礎ができあがります。

 

1615年。

豊臣秀吉の子である秀頼(ひでより)を警戒していた家康は、口実を作って豊臣氏を滅ぼします。

これにより、徳川氏に対抗できる勢力がなくなり、1616年。

家康は安心して、その一生に幕を下ろしました。