天皇の命令で作られた初の和歌集、『古今和歌集』

<出典:wikipedia

古今和歌集

成立:905年
巻数:20巻
歌数:1200首
編纂者:紀友則(きのとものり)、紀貫之(きのつらゆき)、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)、壬生忠岑(みぶただみね)

 

『古今和歌集』は、醍醐天皇の命で作られた、初の勅撰和歌集です。

それ以前に作られた『万葉集』に比べ、歌人が貴族や僧侶、尼僧に偏っているのが特徴で、上流階級の歌集ともいえます。

また、『万葉集』を「ますらおぶり(おおらかで男性的)」と表現するなら、

『古今和歌集』は「たをやめぶり(繊細で女性的)」と表現することができます。

『古今和歌集』には、短歌・長歌・施頭歌などが載っています。

冒頭・仮名序に書かれた想い

『古今和歌集』が編纂されたのは平安時代。

当時、漢学が盛んで、公的な文書も漢文で書かれていました。

漢文ができなければ出世できないし、漢詩が作れなければ宮廷の宴会で目立つこともできない。

そんな時代にあって、紀貫之は『新古今和歌集』の冒頭(仮名序・序文)でこう記します。

花に鳴く鶯(うぐいす) 水に住む蛙の声を聞けば 生きとし生けるもの いづれか歌を詠まざりける
力をも入れずして 天地を動かし 目に見えぬ鬼神をも 哀れと思はせ 男女の仲をも和らげ 猛き武士の心をも 慰むるは歌なり

【意味】
花に鳴くウグイスや水に住む蛙の鳴き声を聞くと、生きているもので歌を詠まないものなどあるでしょうか!??
力も入れないで天地を動かし、目に見えない鬼神ですら感動させ、男女の仲も和らげ、勇ましい武士の心も慰める。それが歌なのです。

漢詩の盛んな時代に、「和歌には人だけでなく天地の神々や鬼神をも感動させる力がある」と書いた紀貫之。

そこには、漢詩への対抗心や和歌への愛情がこもっていたのかもしれません。

序文。紀貫之による厳しい批評

紀貫之は仮名序で、六歌仙の作品についての批評もしています。

僧正遍照…
歌の形はできているが本心が少ない。絵に描いた女を見せて心を動かそうとしているようなもの。

在原業平…
思い余って言葉足らず。しぼんだ花の美しさがなくなったのに、匂いが残っているようなもの

文屋康秀…
言葉は巧みだが、形が内容に合っていない。商人がいい服を着ているようなもの

宇治山の僧・喜撰…
言葉がわずかで、始めと終わりがはっきりしない。秋の月を見ていると暁の雲に隠れたようなもの

小野小町…
趣があるようで、強くはない。身分の高い女が病に悩むところがあるのに似ている。

大伴黒主…
かたちが貧弱。薪を負った山人が花の陰に休んでいるようなもの

なかなかに辛辣なコメントです。

『古今和歌集』の代表的な歌

『古今和歌集』には、百人一首にも掲載されている有名な歌がたくさんあります。

ここでは、『古今和歌集』の代表的な歌を紹介します。

人はいさ 心も知らず 故郷(ふるさと)
花ぞ昔の 香に匂ひける
(春歌上・41・紀貫之)

【意味】
人の気持ちは変わりやすいというので今はどうか分かりませんが、
昔なじみのこの土地では、梅の花が昔と変わらない香りで咲いています。

花の色は うつりにけりな いたづらに
わが身世にふる ながめせし間に
(春歌下・23・小野小町)

【意味】
桜の花はむなしく盛りを過ぎてしまった。春の長雨の間、私がこの世をすごしていくために、物思いをしている間に

秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども
風の音にぞ 驚かれぬる
(秋歌上・169・藤原敏行)

【意味】
秋になったと目にははっきり見えないけれど、風の音ですでに秋が来ていることに気づく

『古今和歌集』には、「女性の美」や「季節の推移」をテーマにした歌がたくさん集録されています。

また、誰が詠んだのか分からない歌も多く載っています。

なかでも有名なのが次の歌。

紫の 一本(ひともと)ゆゑに 武蔵野の
花はみながら 哀れとぞ見る
(雑歌上・867)

【意味】
紫草がたった一本あるために、その紫草が生えている武蔵野の草がすべて懐かしく思える

【歌に込められた想い】
たった一人の愛おしい女性のために、その人と縁のある人々はみな愛おしく思える

歌にのせられた想いが伝わり、いつまでも心に響く。

漢詩よりも軟らかく、感情に寄り添い人間味のあるイメージに浸れるのが、和歌のいいところかもしれません。