戦国時代|1582年 本能寺の変

fire-599797_1280

武田信玄、上杉謙信といった脅威がなくなり、天下をほぼ平定した織田信長

各地に軍を送り反対勢力の討伐を始めます。

残る大敵、中国の毛利に対しては羽柴秀吉を送り込みます。

しかし、秀吉は苦戦を強いられ信長に援軍を求めます。

そこで、信長は明智光秀を出陣させますが、光秀は途中で進路を変え裏切り。

本能寺にいた信長を討ちます。




明智光秀の胸のうちは・・・

animal-17760_1280

光秀は本能寺の変を起こす前に連歌の会を開きます。

会の中で突然「本能寺の溝の深さはどれほどか」と聞いたので、その場にいた者は妙な印象を受けたといいます。

光秀が娘婿の細川忠興(ほそかわただおき)にあてた手紙も残っています。

「自分がこのようなことをしたのも忠興のためである。あとは忠興と孫に任せたい」と。

また、本能寺の変の前に、周りの武将には手をまわしておらず、あてにした武将もだれもついてこなかったことから、光秀の裏切りは綿密な計画に基づくものではなかったことも分かります。

最も信頼していた忠興も動きませんでした。

 

本能寺の変で信長が討たれたことを知った羽柴秀吉は、急遽、毛利と和睦して大急ぎで引き返します。

山崎の戦いで秀吉軍と光秀軍が激突し、光秀は討死。

光秀の謀反の理由は諸説ありますが、その胸の内は誰にも知られていません。