第48代天皇 称徳天皇

1280px-Shotoku-tenno

<出典:wikipedia

第48代天皇

 称徳天皇 しょうとくてんのう
(718年~770年)

 

 

一度は政界から引退した孝謙上皇

しかし病気が回復すると再び政権を握ります。

孝謙上皇は、淳仁天皇を淡路へ島流しにすると、764年。

再び天皇に即位して、称徳天皇になりました。

 

称徳天皇は仏教に対する信仰が厚く、聖武天皇が作った東大寺と並ぶ西大寺を建設。

四天王像の安置を熱心に行います。

しかし、巨大寺院の建設には多額の資金が必要となります。

そのため国家財政に大きな負担をかけ、大きな反発を呼びます。

 

また、称徳天皇は道鏡を溺愛。

765年に道鏡を太政大臣禅師に任命すると、翌年。

今度は法王に命じました。

権力を持った道鏡は、法王宮職を設置。

これにより、政治に対しても大きな影響力を持つようになります。

 

道鏡はもともと弓削氏(ゆげし)出身の僧でした。

弓削氏は地方の中小豪族にすぎなかったのですが、道鏡のおかげで中央に進出。

やがて、政治にも関与するようになっていきます。




道鏡の野望はさらに膨らんでいきます。

役職のトップにまで登りつめた道鏡は、ついに天皇になりたいと考えはじめたのです。

ちょうどその時。

大宰府の主神・習宜阿曽麻呂(すげのあそまろ)から
「道鏡が天子になれば、天下は太平となる」
という神託が届けられます。

 

こうして道鏡の野望は達成するかに見えましたが、さすがに称徳天皇も悩みます。

そこで、あらためて勅使を派遣。

勅使・和気清麻呂(わけのきよまろ)は宇佐八幡宮へ向かい神託をもらいにいきます。

「わが国では臣下を君主にしたことはない。皇位には必ず皇族をあてよ」

この神託により、道鏡の野望は潰えてしまいます。

 

770年。

称徳天皇がの病状が日増しに悪化し、亡くなってしまいます。

すると後ろ盾を失った道鏡は失脚。

下野国に流されました。