第29代天皇 欽明天皇

0411-01

第29代天皇

欽明天皇 きんめいてんのう
(509年~571年)

 

 

509年。

欽明天皇は、継体天皇と皇后手白香皇女(たしらかのひめみこ)の間に生まれました。

当時はすでにヤマト政権の勢力が大きくなっており、政治を支える役職につく者も多数。

なかでも、大伴金村(おおとものかなむら)と物部尾輿(もののべのおこし)、蘇我稲目(そがのいなめ)の三者は強大な力を持ち、拮抗していました。

 

しかし、540年。

物部尾輿が「大伴金村が百済へ任那4県割譲を許したため、新羅の恨みを買った」と糾弾。

これにより大伴金村は失脚してしまいました。

こうして、蘇我氏物部氏の二大勢力が政権を握るようになり、両者は対立を深めていきます。

 

541年。

蘇我稲目は娘の堅塩媛(きたしひめ)と小姉君(おあねのきみ)を欽明天皇の妃として送り込み、天皇の子どもを産ませます。

こうしてこれ以降、蘇我氏は天皇の外戚として権力を拡大していきます。




欽明天皇の政治

当時、朝鮮半島には任那(みまな)という拠点がありました。

しかし、欽明天皇の時代に任那は滅び、友好国だった百済も弱体化してしまいます。

滅びた任那を再考するため欽明天皇は救援軍を朝鮮に派遣。

しかし、士気が低く、内部分裂も起こり、任那を回復することはできませんでした。

 

552年。

百済から金銅の釈迦仏像や経論などが献上され、仏教が伝わってきます。

すると、仏教の受け入れを巡って、蘇我稲目と物部尾輿が対立。

困った欽明天皇は、とりあえず蘇我稲目の仏教礼拝を許します。

しかし、その翌年。

疫病が流行し、多数の死者がでてしまいます。

物部氏は、この原因を「外国の神を拝んだため」として蘇我氏を非難。

仏教を廃止するように天皇に迫ります。

欽明天皇はこれを承諾。

寺が燃やされ仏像が捨てられます。

こうして、しばらくのあいだ、日本では仏教が普及しませんでした。

 

571年。

欽明天皇は病で倒れ、「新羅を打倒し、任那を再興せよ」と言い残して亡くなりました。