第122代天皇 明治天皇

Meiji_Emperor

<出典:wikipedia

第122代天皇

明治天皇 めいじてんのう
(1852年~1912年)

 

1852年。

明治天皇は孝明天皇の第二皇子として誕生。

母は中山慶子で、名を陸仁(むつひと)といいました。

 

1866年。

孝明天皇が亡くなると、明治天皇が14歳で天皇となります。

即位した明治天皇を待ち受けていたのは、幕末の激しい動乱でした。

 

1867年。

江戸幕府15代将軍・徳川慶喜が大政奉還を実行。

形式上、政権が朝廷に返されます。

しかし、徳川家は以前力を持っており、実質的には徳川幕府による支配が続きます。

そこで、倒幕派は一計を案じ、明治天皇が王政復古の大号令を発することになりました。

これにより、徳川家の力は衰え、戊辰戦争により新たな時代へ突入します。

 

幕府が倒れて新政府ができると、まず都の移転を行います。

それまで天皇は京都に住んでいましたが、東京が居住地となったのです。

東京に都を移したと同時に、宮中改革も実行。

公家たちの華奢な雰囲気を一掃するため。女官を辞めさせます。

そして代わりに山岡鉄舟や村田新八ら士族を配置しました。

明治天皇が英才教育を施される

欧米と対等に渡りあえる国を造るには富国強兵が大切で、そのためには文武に長けた強いリーダーが必要となります。

そこで、明治天皇は英才教育を受けることとなります。

武術や馬術、相撲などの厳しい教育を通じて、明治天皇は精神面も肉体も鍛えられていきます。

また、国の発展のためには西洋文化を学ぶ必要もありました。

そこで、明治天皇は西洋風の軍服を着たり、洋食を取るなどして積極的に西洋の文化を取り入れていきました。

 

1873年。

日本の髷(もとどり・ちょんまげ)が欧米からの評価を下げていると知ると、髷を切り、おしろいでの化粧も止めます。

しかし、「残すべき文化は残す」という考えもあり、和歌などを愛し、プライベートでは和服を着て和食を好んだといいます。

 

1872年。

新しい天皇の姿を全国に知らしめるため、明治天皇は鹿児島や函館、京都、神戸などまわりはじめます。

この巡幸では、最初のころ西郷隆盛がともに行動していました。

そのため、明治天皇は少年時代から西郷隆盛を慕っていました。

西南戦争で西郷が亡くなった時も、「西郷を殺せとは言わなかった・・・」と周囲に漏らしたといいます。

 

西南戦争後。

明治天皇は政治教育も受け始めます。

教育を担当したのは佐々木高行など天皇親政派。

その影響を受け、明治天皇も自ら政治を行いたいと考えるようになりますが、その思いは叶うことがありませんでした。

 

大日本帝国憲法公布。強大な権力を握る

1882年。

軍人勅諭を出して、自らが軍人の大元帥であることを宣言します。

そしてそれ以降、明治天皇は軍服を着て執務を開始。

夏の暑い日も軍服を脱がず、冬の寒い日も火鉢一つで執務をこなします。

日清戦争が起きた際も、広島大本営では暖炉を使わず、粗末な部屋で執務を行いました。

ここには「海を渡って戦う兵たちと苦楽を共にしたい」という信念があったのです。

 

1889年。

大日本帝国憲法が公布されます。

これにより、明治天皇は立憲君主に。

強大な権限を手に入れます。

1890年。

明治天皇は教育勅語をだし、国民に道徳教育の重要性を示しました。

 

明治天皇は日清戦争を開始することに本意ではなく、日露戦争も開戦に慎重でした。

しかし、いざ開戦となると、見事に国民と国家を一つにまとめあげました。

 

1912年。

持病の糖尿病が悪化。

61歳で激動の生涯に幕を閉じました。