第42~44代天皇 文武天皇~元正天皇

Monmu

<出典:wikipedia

第42代天皇

文武天皇 もんむてんのう
(683年~707年)

 

683年。

文武天皇は草壁皇子の子どもとして誕生。

幼いころは軽皇子(かるのみこ)と呼ばれまていました。

 

697年。

文武天皇は持統天皇から天皇の位を譲り受けます。

こうして、15歳の若さで天皇となりました。

 

天皇になった文武天皇は、中国(唐)との関係を修復。

30年におよぶ国交断絶を回復し、遣唐使を再開します。

また、「大宝律令」を施行。

持統天皇の代で不十分だった律令制度を完成させます。

 

文武天皇は、ヤマト政権の支配領域も拡大。

種子島や薩摩を支配下におきました。

 


第43代天皇

元明天皇 げんめいてんのう
(661年~721年)

 

元明天皇は草壁皇子の妃で、文武天皇の母親でした。

706年。

文武天皇の病気が悪化します。

すると、文武天皇は母の元明天皇(阿部皇女)を後継者として指名します。

元明天皇はそれを断りますが、繰り返し要請を受けたため、文武天皇が亡くなる直前に承諾します。

文武天皇が母に頼んだ背景には、文武天皇の子どもがまだ幼く、中継ぎの天皇が必要だったことがありました。

 

708年。

武蔵国秩父群から和銅(精錬の必要がない銅)が産出されます。

これを「神が政治を愛で祝福した証拠」と受け止め、年号を和銅に改めました。





第44代天皇

元正天皇 げんしょうてんのう
(680年~748年)

 

草壁皇子、文武天皇が病弱だったため、女性の天皇が相次いで誕生しました。

元正天皇も女性天皇の一人。

草壁皇子と元明天皇のあいだに生まれ、名を氷高皇女(ひたかのひめみこ)といいました。

 

715年。

氷高皇女は元明天皇から天皇の位を譲り受け即位。

元正天皇となります。

 

718年。

政権の実力者であった藤原不比等らによって「養老律令」が完成。

720年。

舎人親王らによって『日本書紀』が完成しました。