第30~32代天皇 敏達天皇~崇峻天皇

第30代天皇

 敏達天皇 びだつてんのう
(538年~585年)

 

538年。

敏達天皇は、欽明天皇の第二子として生まれます。

『日本書紀』には、敏達天皇について「仏法を信じず、文章や歴史を愛した」と記されています。

また、新羅や百済など、朝鮮半島との交流に力を入れ、高句麗との国交も開始したようです。

 

当時、蘇我馬子(そがのうまこ)が仏殿を建てたり修行者を支援して、仏教を信仰していました。

同じ時期、疫病が流行してしまいます。

すると、物部守屋らが「蘇我氏が仏を祀るせいだ」と訴えてきます。

そこで、敏達天皇は仏法の停止を命じますが、疫病は収まりません。

そのため、蘇我馬子は仏教の信仰を許されました。

 

585年。

敏達天皇は、流行していた疫病にかかり亡くなってしまいました。


Yomeitenno

<出典:wikipedia

第31代天皇

 用明天皇 ようめいてんのう
(540年~587年)

 

540年。

用明天皇は、欽明天皇と蘇我稲目の娘である堅塩媛の間に生まれました。

敏達天皇が亡くなると、用明天皇が即位しましたが、在位期間はわずか2年。

目だった業績もなく亡くなってしまいます。

 


第32代天皇

 崇峻天皇 すしゅんてんのう
(553年~592年)

 

 

用明天皇が亡くなると、当時の二大勢力。

穴穂部皇子(あなほべのみこ)&物部守屋(もののべもりや)連合と、炊屋姫(かしきやひめ)&蘇我馬子(そがのうまこ)連合の武力衝突が起こります。

馬子は穴穂部皇子を殺害。

多数の皇族を味方につけます。

しかし、物部軍が奮戦。

蘇我氏は劣勢に陥ります。

そこで、厩戸皇子(聖徳太子)が四天王寺建立の誓いを立て、蘇我氏は物部軍に勝利します。

 

この戦いのあと。

欽明天皇の12子であった崇峻天皇が即位します。

しかし崇峻天皇は蘇我氏の後ろ盾のおかげで天皇になった身。

実権はほとんどなく、蘇我氏の傀儡政権となってしまいました。