第104代天皇 後柏原天皇

Kita_Misasagi3

<出典:wikipedia

第104代天皇

後柏原天皇 ごかしわばらてんのう
(1464年~1526年)

 

1464年。

後柏原天皇は後土御門天皇の子どもとして誕生。

母は庭田朝子、名を勝仁(かつひと)といいました。

 

当時、応仁の乱により朝廷の財政は厳しいものに。

宮中の儀式を行えなくなっていました。

父の後土御門天皇は、何度も譲位して天皇の位を降りようとしますが、譲位にもお金がかかります。

そのため、財政状況の苦しかった室町幕府はこれを拒否。

後土御門天皇は、亡くなるときまで天皇の座から降りることができませんでした。

 

1500年。

後土御門天皇が亡くなると、後柏原天皇が位を受け継ぎます。

しかし、即位の礼を行うためのお金がありません。

そのため、なかなか即位することができませんでした。

 

これを見かねた11代将軍の足利義澄(よしずみ)は、朝廷に献金しようと考えます。

しかし、将軍補佐の細川政元(まさもと)は、
「即位の礼をあげたところで、王としての実質が伴っていなければ無駄である」
として、献金に反対。

そのまま、放置されてしまいます。

 

それから21年後。

足利将軍家や本願寺第9世の実如らが朝廷に献金。

ようやく即位の礼をあげることとなります。

 

この時期の天皇の権威は地におちていました。

即位の礼に対しても、世間では次のような句が流れます。

やせ公卿の 麦飯だにも くいかねて
即位だてこそ 無用なりけり

それでも、後柏原天皇は朝廷の儀式復活のために活動します。

また、仏教にすがるようにもなります。

疱瘡が大流行した年には、自ら筆を取り、般若心経を延暦寺と仁和寺に納めました。