第70~71代天皇 後冷泉天皇~後三条天皇

ca0e9e3b

<出典:城とか陵墓とか

第70代天皇

後冷泉天皇 ごれいぜいてんのう
(1025年~1068年)

 

 

後冷泉天皇は、後朱雀天皇の第一皇子。

藤原道長の外孫にあたります。

 

1045年。

父の後朱雀天皇が亡くなると、後冷泉天皇が即位します。

しかし、後冷泉天皇はいつも藤原頼通に言われる通りに行動。

ほとんど政務を行わず、蹴鞠や歌合せで遊んでばかりいました。

 

1051年。

東北で”前九年の役”が起こります。

しかし、藤原頼通は権力をもったまま。

宇治に平等院鳳凰堂を建設し、1061年には太政大臣に任命されました。

 

1067年。

後冷泉天皇は宇治に行きますが、翌年、病気で倒れて亡くなってしまいます。





Emperor_Gosanjō

<出典:wikipedia

第71代天皇

後三条天皇 ごさんじょうてんのう
(1034年~1073年)

 

1034年。

後三条天皇は、後朱雀天皇の第二皇子として生まれます。

母は、三条天皇の娘である禎子内親王で、名は尊仁(たかひと)。

1045年に兄の後冷泉天皇が即位したのを機に皇太子となりました。

 

当時、170年もの間、天皇と藤原氏は親戚関係となっていました。

しかしこの頃、藤原氏の女性と天皇との間に子供が生まれず、久しぶりに藤原氏と外戚関係のない皇太子が誕生したのです。

当時の関白だった藤原頼通は、このことを嫌がっていました。

そのため、尊仁親王(後三条天皇)を冷遇。

歴代の東宮が継承する秘剣「壷切御剣」を渡さないなどの行為に及びます。

そして、娘の寛子が天皇の子どもを産んだら、そちらを皇太子にしようと考えていました。

 

寛子に子供が生まれないまま、1068年。

後冷泉天皇が亡くなり後三条天皇が即位すると、藤原頼通はショックで関白の職を引退。

これを機に、藤原氏の摂関政治が衰え、院政の時代へ移ります。

 

後三条天皇は小さいころから学問に打ち込み、高潔な人柄だったため周囲から尊敬されていました。

天皇に即位すると、学者の大江匡房(おおえのまさふさ)を起用。

摂関家に遠慮することなく政治をはじめます。

 

後三条天皇の政策でもっとも大きなものが荘園整理令の発布。

それまで荘園整理令は何度か発布されていましたが、そのときは最大の荘園所有者である藤原氏が発布。

そのため、あまり効果がありませんでした。

しかし、摂関家に遠慮の必要がなくなった後三条天皇は緻密で公正な整理を実施。

基準外のものは容赦なく没収していきました。

これにより、藤原氏の経済基盤が崩れ始めました。

 

1072年。

在位期間わずか4年で後三条天皇は天皇の位を譲り、翌年、病気で亡くなりました。