第39代天皇 弘文天皇

弘文天皇陵

<出典:wikipedia

第39代天皇

 弘文天皇 こうぶんてんのう
(648年~672年)

 

 

648年。

弘文天皇は、天智天皇とその妃の伊賀采女宅子(いがうねめやかこのいらつめ)のあいだに生まれ、大友皇子(おおとものみこ)と呼ばれていました。

 

671年。

弘文天皇は、天智天皇から史上初の太政大臣に任命されます。

そして、政務全般を取り仕切りました。

 

672年。

天智天皇が亡くなると、その2日後。

弘文天皇が即位します。

このとき、弘文天皇の最大の脅威は、吉野に住んでいた天智天皇の弟・大海人皇子(おおあまのみこ)でした。

 

大海人皇子には「天皇になりたい」という野心がありました。

大海人皇子は吉野を脱出すると、東国へ退き、美濃や東海道などの諸国から兵を募ります。

対して弘文天皇は西国から兵を徴収。

しかし、弘文天皇のもとには思うように兵が集まらず・・・。

本拠地である近江でも密かに大海人皇子を支持する人間がいて、兵の士気もいっこうに上がりません。

この理由として考えられるのが、弘文天皇が24歳という若さだったこと。

それに加えて、弘文天皇自身が文学の人でその側近も文学や政治に秀でた人。

武力については頼りなかったのです。

 

お互い軍備を整えると、弘文天皇軍と大海人皇子軍は近江と大和で激突。

壬申の乱が起こります。

大和では弘文天皇軍が勝利。

一方、近江では大海人皇子軍が圧勝します。

敗戦の気配が濃厚となった弘文天皇は大臣と逃げますが、将軍が次々と打たれ逃げる場所が無くなってしまいます。

 

こうして、弘文天皇は山崎で自害。

首は、大海人皇子に届けられたといいます。

天皇になっていた期間が1年にも満たないという、不運な最後となってしまったのです。