第83代天皇 土御門天皇

800px-Emperor

<出典:wikipedia

第83代天皇

土御門天皇 つちみかどてんのう
(1196年~1231年)

 

 

1196年。

土御門天皇は後鳥羽天皇の第一皇子として誕生。

母は源在子。名は為仁といいました。

 

1198年。

土御門天皇はわずか4歳で父・後鳥羽天皇から天皇の位を譲り受けます。

 

土御門天皇の即位にあたっては、源頼朝が反対していました。

土御門天皇の母は、土御門通親の養女で父は平時子。

頼朝にとって、都合の悪い血筋だったのです。

しかし、このころ権力が強かった通親の政治力により、土御門天皇が即位することになったのです。

 

歴史物語『増鏡』によると、土御門天皇は自由奔放だった父に比べて「少しぬるくおはしまし」と評価されており、性格も「あてにおおどか(優雅でおっとり)」と記されています。

当時、後鳥羽上皇は鎌倉幕府から政権を取り返すことを考えていたので、土御門天皇の様子をみて不安に思っていました。

そこで、1210年。

後鳥羽上皇は土御門天皇を16歳で退位させます。

こうして土御門天皇は若くして上皇となりました。




承久の乱で土佐に流される

1221年。

後鳥羽上皇が鎌倉幕府を倒すために兵をあげます。

このとき土御門上皇(土御門天皇)は「いまは時期でない」といって、後鳥羽上皇を思いとどまらせようとします。

しかし、後鳥羽上皇は構わず挙兵。

承久の乱が起こります。

 

承久の乱は、鎌倉幕府の勝利で決着。

敗れた後鳥羽上皇は隠岐に流されてしまいます。

孝心が篤かった土御門上皇は、「父が流されたのに、ひとりだけ都にとどまれない」として、幕府に遠流することを要求します。

しかし、土御門上皇は承久の乱にほとんど関与していません。

そのため幕府は断りますが、それでも要求が続いたため、土佐へ流すことに決めました。

1年半後。

鎌倉幕府の意向で、土御門上皇はすこしでも都に近い阿波へと移ります。

そして、阿波で9年過ごした後、37歳でこの世を去りました。