第64代天皇 円融天皇

6ccbb428

<出典:城とか陵墓とか

第64代天皇

円融天皇 えんゆうてんのう
(959年~991年)

 

 

円融天皇は先代・冷泉天皇の弟で、名を守平(もりひら)といいます。

父は村上天皇で母は藤原安子(あんし)でした。

 

冷泉天皇は21歳で弟の守平親王(円融天皇)に天皇の位を譲ります。

そのため守平親王は、11歳の若さで第64代天皇となりました。

 

幼い円融天皇に代わって政治を担当したのは藤原実頼(さねより)。

摂政に就任して政治を行います。

その後、実頼が亡くなると甥の伊尹(これただ)が摂政に就きます。

しかし、伊尹はわずか1年で亡くなってしまいます。




兄弟間の権力争い

伊尹が亡くなる前。

兄の兼通は弟に摂関職を奪われないため、円融天皇の母(兼通の妹)である安子に
「関白職は兄弟の順序に従い任ずるべし」
と書かせていました。

伊尹が亡くなると、兼通はその書き付けを円融天皇に見せます。

孝心深かった円融天皇は、それに従い藤原兼通を関白に任命しました。

 

977年。

兼通は病に倒れます。

すると、今度は従兄弟の藤原頼忠が関白になってしまいます。

勢力を伸ばしたかった兼通の弟の兼家

娘の詮子(せんし)を円融天皇に入内させ力を確保します。

そして詮子が産んだ懐仁親王(やすひとしんのう)が天皇に即位すると、兼家の権力は強大になります。

 

円融天皇は在位期間中、常に藤原氏の権力争いに巻き込まれていました。

天皇が詮子以外の女性を中宮に据えたときなんかは、藤原兼家が朝廷に出仕しなくなって、さらに詮子と懐仁親王を退出させてしまいます。

こうした状況に嫌気をさした天皇は、ついに天皇の位を譲る決心をします。