内村鑑三(明治時代)

Uchimura_Kanzo

<出典:wikipedia

内村鑑三 うちむら かんぞう (1861-1930)

 

1861年。

内村鑑三は高崎藩(群馬県)の下級武士の子として江戸で生まれました。

身分は高くありませんでしたが、武士の長男として小さいころから儒学の教育を受けて育ちます。

1874年。

内村は東京外国語学校に入学。

3年後には、札幌農学校に入学しました。

札幌農学校はクラーク博士を教頭として開設された学校で、内村は第2期生でした。

 

内村が入学した時、すでにクラーク博士は帰国していましたが、聖書に基づく教育は多くの学生に影響を与えます。

儒学教育を受けた内村も、上級生から無理やりキリスト教徒にさせられました。

 

やがて内村は、札幌農学校を一番の成績で卒業すると、役人になりました。

しかし、すぐに役人を辞めてアメリカへ。

アマースト大学やハートフォード神学校で聖書などの研究をして、1888年に帰国しました。

不敬事件!教育勅語に礼をせず

帰国した内村は1890年に第一高等中学校の教師となります。

翌年1月。

学校の始業式で教育勅語を受け取る式典が開かれましたが、内村は1人だけ礼をしませんでした。

内村にとってはキリスト教の神のみが礼拝の対象だったのです。

このことが、「天皇に対して失礼だ」と問題になり、内村は学校を辞めさせられてしまいました。

 

学校を追われた内村は各地をめぐり、文章でキリスト教を広めようと考えます。

そして、『基督信徒の慰(きりすとしんとのなぐさめ)』や『余は如何にして基督信徒となりし乎(か)』など、キリスト教についての本を書きました。

 

1897年。

内村は新聞社「万朝報」の黒岩涙香(るいこう)に招かれ、ここに入社。

政治家や金持ちの不正を鋭くつき、足尾鉱毒事件についても農民の訴えを人々に知らせます。

1903年。

日本とロシアの間で戦争の危機が高まると、内村はキリスト教徒の立場から戦争反対を唱えます。

しかし、黒岩涙香が戦争賛成派に変わってしまったので、内村は「万朝報」を辞めました。

 

会社を辞めた内村は雑誌『聖書之研究』にさまざまな文章を書き、積極的にキリスト教を広めます。

そして1930年。

無教会主義の立場を取り続けた内村鑑三は、その一生を終えました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる