雪舟(室町時代)

Portrait_of_Sesshu

<出典:wikipedia

雪舟 せっしゅう(1420~1506)

 

1420年。

雪舟は岡山県の武士の家に生まれました。

幼いころは近くの禅宗(ぜんしゅう)の寺で修行。

10歳になると京都に出て、禅宗の相国寺(しょうこくじ)に入りました。

 

雪舟は禅宗の修業をしながら、水墨画を学習。

相国寺にいた周文(しゅうぶん)に絵を習います。

禅宗では教えを水墨画にあらわすので、これを習うことも修行のひとつでした。

 

40歳を過ぎたころ。

雪舟はすでに画家としても知られるようになっていました。

あるとき、中国地方を治めていた大内氏に招かれたため、それから山口県で画室を構えて絵の勉強をすることとなります。

中国にわたる

1467年。

大内氏が中国(明)への船を出すことになりました。

ずっと中国に渡ることを願っていた雪舟は、これに同乗。

中国に行くことになります。

 

中国についた雪舟は、天童子で禅の修行をし優秀な成績をおさめます。

また、北京で役所の壁に見事な壁画を描き、評判になります。

 

雪舟はさらに本場の水墨画に触れると、各地を巡り歩いて大自然をスケッチ。

腕を磨きます。

約1年間。中国で勉強した後、雪舟は日本に帰国します。

 

帰国した雪舟は、それから日本各地を旅しながら自然を描き続けます。

十数年で多くの山水画を残しました。

 

やがて、山口の画室にもどると、水墨画の大作に取り組み始めます。

そして、全長16メートルもある「山水長巻(さんすいちょうかん)や、80歳を超えて作った「天橋立図(あまのはしだてず)など、数々の名作を残しました。

1506年。

自然そのものを描く日本独特の水墨画を完成させた雪舟は、山口の地で亡くなりました。