西郷隆盛(明治時代)

SaigoTakamori1332

<出典:wikipedia

西郷隆盛 さいごうたかもり (1827-1877)

 

1827年。

西郷隆盛は、薩摩藩(鹿児島県)の下級武士の家に生まれました。

小さいころは”小吉(こきち)”と呼ばれ、のちに吉之助と呼ばれるようになります。

貧しい生活を送っていましたが、藩校の造士館で学ぶと、やがて藩主の島津斉彬(しまづなりあきら)に認められるようになります。

こうして、1854年。

西郷隆盛は斉彬の側近として江戸に行くことになります。

 

1858年。

斉彬が亡くなると、西郷は大老の井伊直弼(いいなおすけ)に反対し、薩摩藩へ戻ります。

しかし、幕府の追及を恐れた薩摩藩は、西郷を奄美大島へ流してしまいます。

 

3年後。

ようやく許された西郷は薩摩藩に戻りますが、今度は藩主の父である島津久光と意見が合いません。

こうして、今度は沖永良部島(おきのえらぶじま)へと流されます。

 

1864年。

これを許された西郷隆盛。

今度は大久保利通(おおくぼとしみち)とともに藩の実権を握ることに成功します。

その後、坂本龍馬の協力で長州藩と同盟を結ぶと、幕府を倒す体制を整えていきます。

新政府軍が江戸幕府を倒す

1867年。

大政奉還により政権が朝廷に返されると、旧幕府軍と新政府軍の戦争が勃発。

西郷は新政府軍の司令官となって、江戸を攻めます。

江戸城を攻略する直前。

幕府の代表である勝海舟(かつかいしゅう)と話し合い、戦わないで江戸城を解放させます。

こうして、江戸幕府の力はほとんどなくなり、薩摩藩と長州藩が中心となる新政府が出来上がりました。

 

戊辰戦争で旧幕府軍に勝利した新政府軍。

その後、西郷は薩摩に帰り、下級武士を中心に政治の改革を行います。

しかし、新政府の依頼で、1871年にふたたび上京。

しばらくして、陸軍の大将となりました。

 

新政府の政策と西南戦争

新しくできた政府は、土地と人民を直接治めるために廃藩置県(はいはんちけん)を行いました。

これにより、藩主がいなくなり、中央集権国家の仕組みが出来上がりました。

また、四民平等の政策で、士族の特権を排除。

近代化をはかり軍隊を強くするには、産業を強くして兵役制度を設ける必要があったのです。

しかし、これにより、武士は失業。

新政府に不満を持つようになります。

 

1873年。

武士の溜まった不満をそらすために、西郷は征韓論を提案。

鎖国体制の朝鮮を、武力で開国させようと考えます。

しかし、外国に行って世界情勢を学んできた大久保利通たちが猛反対!

国の力を強くすることを優先するため、西郷の案は却下されました。

 

征韓論を却下された西郷は、板垣退助(いたがきたいすけ)や江藤新平らとともに政府をやめ鹿児島へ戻ります。

そして、私学校を作り、士族の子弟の教育をしました。

 

このころ、新政府の政策に不満を持つ士族たちは、各地で反乱。

1877年には、鹿児島でも政府の武器庫を襲う事件が起こりました。

この事件をきっかけに、西郷は兵を率いて東京を目指すことを決意。

西南戦争がはじまります。

戦争のプロだった武士たちは、はじめ優勢でしたが、近代兵器と物量作戦により政府軍に敗北。

わずかに残った兵と鹿児島に戻った西郷は、城山で自害しました。