世界初!全身麻酔で外科手術を成功させた医師・華岡青洲

<出典:wikipedia

江戸時代中期。

華岡青洲(はなおかせいしゅう)は、紀州(和歌山県紀の川市)の農村で生まれました。
父親が村医者だった青洲は、医術が盛んな京都で漢方医学、内科、そしてオランダ流の外科を学びました。
そして青洲は、世界で初めて全身麻酔を用いた乳がんの手術を成功させました。

世の中は、杉田玄白が『解体新書』を刊行し、ようやく人体の構造についての正しい知識が得られるようになった時代でした。

世界初の全身麻酔手術

青洲は1804年に乳がんの全身麻酔手術に成功しました。
アメリカ人のウィリアム・T・G・モートンもジエチルエーテルを用いて麻酔手術に成功していますが、それは1846年のことですから、青洲はモートンよりも40年も前に実施していたことになります。

麻酔なしの手術というのは患者にとって、まさに地獄の責め苦でした。
また、外科医にとっても、痛みで暴れ泣き叫ぶ患者を押さえつけて手術をするのは、大変なストレスでした。

父親が医師だった青洲は、父の治療を通して外科治療の悲惨な状況を知っていました。
そして、患者が痛みを感じない手術の方法がないかと考えていました。

京都で医学を学び地元に戻ってきた25歳の青洲は、父の仕事を継いで結婚をし、診療と共に麻酔薬の研究を開始。
やがて、彼は曼陀羅華(まんだらげ/チョウセンアサガオ)の実や、草烏頭(そううず/トリカブト)など6種類の薬草に麻酔効果があることを発見しました。
トリカブトは猛毒として知られていますが、強い鎮痛作用があるので、使用量を注意しながら配合されました。

多大な犠牲と麻酔薬の完成

青洲は調合の具合を少しずつ変えては、村の野良犬に試薬を飲ませて実験を重ねました。
研究開始から10年ほど経ち。
ついに動物実験に成功しました。

この麻酔薬を医療で使用するためには人体実験が必要でした。
彼は行き詰まってしまいました。
すると、青洲の母親於継(おつぎ)と妻の加恵が実験台になることを申し出ました。
初めは固く断る青洲でしたが悩んだあげく、二人の熱意に負け実験を敢行します。
しかし、数回にわたる人体実験の末、於継が亡くなり、妻・加恵は失明をするという大きな犠牲を払うことになってしまいました。
その後青洲は自分の身体を使って実験を続け、研究開始から20年目についに全身麻酔薬「通仙散(つうせんさん)」を完成させました。

全身麻酔による乳がん手術

1804年に勘(かん)という名の老女が青洲の診療所を訪れました。
彼女は左の乳房にがんを患っていました。
青洲は通仙散を使って全身麻酔による乳がん摘出手術を実行する決心をしました。

薬によって深い眠りについた勘の患部を切り開き、
がんの腫瘍組織をたった数分で取り去りました。

6時間後。
勘は目を覚まし、副作用もありませんでした。
全身麻酔によるがん手術は大成功。
世界初の偉業が達成されました。
その後も青洲はオランダ式の縫合術、アルコールによる消毒などを駆使し、乳癌だけでなく、膀胱結石、脱疽、痔、腫瘍摘出術などさまざまな手術を行いました。

1835年11月21日。
青洲は家人や弟子に見守られながら亡くなりました。(享年76)

1919年。
生前の功により正五位を追贈されています。
また1952年には外科を通じて世界人類に貢献した医師のひとりとして、アメリカ・シカゴにある国際外科学会付属の栄誉館に祀られました。