桓武天皇(平安時代)

Emperor_Kammu_large

 

桓武天皇(かんむてんのう) 737年~806年

 

737年。

天智天皇の子である光仁天皇の皇子として生まれた桓武天皇

はじめは山部王(やまべのおう)と名付けられました。

しかし、母が渡来人出身という理由で、なかなか皇太子になれませんでした。

 

そんな山部王に幸運が訪れます。

藤原百川らにおされて皇太子に!

781年には即位して桓武天皇になります。

 

平安京に都を移す

当時、の力が強くなっており、政治にまで口を出していました。

そこで、桓武天皇は仏教の影響を受けずに新しい政治を行うことに。

寺院の勢力が強い平城京を捨て、都を移すことにします。

 

784年。

水陸の交通の便が良い長岡京(京都)に都を移す計画を立てます。

しかし、翌年。

工事の責任者が反対派に殺されてしまいます。

また、桓武天皇の后や母が相次いで死亡。

不吉な出来事が続いたため、長岡京の工事を中止します。

そして、794年。

和気清麻呂(わけのきよまろ)の意見を取り入れて、京都の平安京へ都を移しました。




仏教から逃れ、政治を立て直す

このころ、地方の役人が不正を行うなど、政治が乱れていました。

そのため、桓武天皇は地方役人の監督を強化。

6歳以上の男女に田んぼを与える班田収授法(はんでんしゅうじゅのほう)も規則通りに行われなくなっていたので、体制を立て直そうと努力します。

 

農民は重い税に加えて、新しい都づくりで苦しい生活を強いられていました。

そこで、桓武天皇は労役や兵士の仕事を免除して、農民の負担を軽くしました。

 

東北地方では、蝦夷(えぞ)と呼ばれる人々が住んでいました。

国の力が安定してくると、朝廷は遠征軍を派遣。

何度も蝦夷を支配しようと試みます。

797年。

桓武天皇は坂上田村麻呂征夷大将軍に任命。

802年には、胆沢城(いさわじょう)を築き、朝廷の勢力を東北地方にまで広げることに成功します。

 

ちなみに、奈良にいた時に力をつけた仏教勢力。

桓武天皇は都を京都に移すとともに、天台宗真言宗を保護して、奈良の仏教勢力を抑えました。