教育勅語とはなんだったのか・・・??

「教育勅語」
この言葉を聞いて現代の日本人は何を思い浮かべるのでしょうか??

軍国主義?
天皇神格化?
洗脳教育??
道徳教育??

様々なイメージがあると思います。
太平洋戦争の原因になったとみられることもある教育勅語ですが、実際のところどうなのか??
まずは、偏見を取り払い、そのまま文章を読んでみましょう。

教育ニ關スル勅語

朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭倹己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日

御 名   御  璽

◆ 現代語訳 ◆

私が思うに、
わが祖・神武天皇をはじめとする歴代天皇がこの国を建てられ、お治めになってこられた偉業は宏大で遼遠であり、
そこでお示しになられた「ひたすら国民の幸せを願い祈られる」徳は実に深く、厚いものでありました。
それを受けて国民は、
天皇に身をもって真心を尽くし、祖先と親を大切にし、
国民すべてが皆、心を一つにしてこの国の比類なき美風を作り上げてきました。
これは、わが国柄の優れて美しいところであり、教育が基づくべきところも、実にここにあると思います。国民の皆さん。
このような教育の原点を踏まえて、
両親には孝養を尽くし、兄弟姉妹は仲良くし、夫婦は心を合わせて仲睦まじく、友人とは信じあえる関係となり、
さらに自己に対しては慎ましやかな態度と謙虚な心構えを維持し、多くの人々に対しては広い愛の心を持とうではありませんか。
また、学校では知識を学び、職場では仕事に関わる技術・技法を習得し、人格的に優れた人間となり、
さらにそれに留まらず一歩進んで、公共の利益を増進し、社会のためになすべき務めを果たし、いつも国家秩序の根本である憲法と法律を遵守し、
国家危急の際には勇気を奮って公のために行動し、いつまでも永遠に継承されていくべきこの日本国を守り、支えていこうではありませんか。

このように実践することは、皆さんのような「今ここに生きる忠実で善良な国民」だけのためになされることではなく、
「皆さんの祖先」が昔から守り伝えてきた日本人の美風をはっきりと世に表すことでもあります。
ここに示してきた事柄は、わが皇室の祖先が守り伝えてきたお訓し(おさとし)でもあり、われわれ皇室も国民ともども従い、守るべきものであります。
これは昔も今も変わるものではなく、外国においても十分通用するものです。
私は皆さんと一緒になってこの大切な人生の指針を常に心に抱いて守り、そこで実現された徳が全国民にあまねく行き渡り、それが一つになることを切に願います。

どうですか??
思っていた以上にまとも。
というより、良いことしか書いていない。
それが一般的な感想ではないでしょうか??

もちろん難癖をつければ、「儒教的である」とか「軍国主義を誘発した」といったとらえ方もできてしまいますが、
この文章だけを素直に読めば、宗教を禁止しているわけでも何かを強制しているわけでもなく、問題はないように思えます。

では、なぜ教育勅語が廃止されたのでしょうか?
そこにはGHQによる「日本弱体化政策」が関わっていました。

<<  1        >>