第89~90代天皇 後深草天皇~亀山天皇

Emperor_Go-Fukakusa

<出典:wikipedia

第89代天皇

後深草天皇 ごふかくさてんのう
(1243年~1304年)

 

1243年。

後深草天皇は後嵯峨天皇の第二皇子として誕生。

母は西園寺姞子(きつし)で、名を久仁といいました。

1246年。

父・後嵯峨天皇が院政を敷くために、天皇の座を後深草天皇に譲ります。

こうして、後深草天皇はわずか4歳で即位することとなりました。

 

この時期。

鎌倉幕府が朝廷への介入を強めます。

そのため、後深草天皇は直接政治に携わることができず、特に実績もあげられませんでした。

 

また、後深草天皇は生まれつき病弱。

それに対し弟の恒人親王(亀山天皇)は健康で聡明な皇子でした。

そのため、後嵯峨上皇と大宮院の愛情は恒人親王に注がれることとなります。

1259年。

後深草天皇は間欠熱を患ってしまいます。

このとき、後嵯峨上皇は後深草天皇に無理やり譲位させ、弟の恒人親王(亀山天皇)が天皇となります。

さらに、皇太子には亀山天皇の皇子である世仁親王を擁立。

このとき、後深草天皇の皇子は全く考慮されなかったのです。

 

この後嵯峨上皇の判断により、大きな遺恨が残ります。

後深草の血統である「持明院統」と、亀山の血統である「大覚寺統」

2つの勢力が争いを始めるようになっていきます。

 

Kameyama

<出典:wikipedia

第90代天皇

亀山天皇 かめやまてんのう
(1249年~1305年)

 

1249年。

亀山天皇は後嵯峨天皇の第三皇子として誕生。

母は姞子で、名を恒人(つねひと)といいました。

健康で聡明な亀山天皇は、後嵯峨上皇と姞子の寵愛を一身に集めて、10歳で皇太子に。

翌年。

兄の後深草天皇が病に倒れると、後嵯峨上皇の意向で天皇となります。

亀山天皇の即位を見た後嵯峨上皇は次の歌を残しています。

 いろいろに 枝を重ねて 咲きにけり
 花も我世も 今さかりかも

この歌には、後深草天皇への不満と亀山天皇への偏愛が顔をのぞかせています。

 

後深草天皇への不満が募る中、後嵯峨上皇は亀山天皇の子どもを皇太子にします。

しかし、これにより持明院統・大覚寺統対立の火種が生まれます。

 

1274年。

亀山天皇は子供に天皇の位を譲り、自らは上皇として政治をはじめます。

大覚寺統の基盤を確立させることに成功した亀山天皇でしたが、やがて幕府に反逆心を疑われるようになります。

そして、鎌倉幕府は「持明院統と大覚寺統を交互に天皇にすること」を名目に後深草上皇の院政と伏見天皇の即位を決定します。

これに失望した亀山上皇(亀山天皇)は出家。

南禅寺を作った後、57歳で亡くなりました。