平安時代の流れと食事・服装・生活を解説

平安時代

道鏡に主導権を握られていることが気に食わなかった藤原氏。

称徳天皇のあとに光仁天皇を擁立することで、道鏡の力を排除することに成功します。

光仁天皇は律令国家を取り戻そうとして、政治と宗教を分け、僧侶の監督を強化し、行政の簡素化を進めました。

光仁天皇の死後、桓武天皇が即位します。

光仁天皇がいくら律令国家を取り戻す政策を進めても、奈良にはまだまだ寺院や貴族の力が残っていました。

そこで、桓武天皇は784年に都を長岡京に移しますが、長岡京の責任者“藤原種継”が暗殺されてしまいます。

事件に関与したのは大友氏や佐伯氏などの旧豪族。 それに加え、早良親王にも事件関与の疑いがかけられました。

早良親王は無罪を主張し続けましたが聞き入れてもらえず、淡路島に流される途中で亡くなってしまいます。

相次ぐ不吉な事件

これを機に、桓武天皇の周辺では不吉な事件が相次ぎます。 788年、妻の藤原旅子が病死。

789年、実母の高野新笠が死去。

790年、皇后の藤原乙牟漏と夫人の坂上春子が死去。

天然痘という疫病の流行。 天候不順による飢饉。

これらの事件は、「きっと早良親王が怨霊となって災いを起こしているのだ!! そう考えた桓武天皇は、怨霊を鎮めるため、794年に都を平安京に移します。

平安時代の幕開け

8世紀後半、農村では重い税金から逃れるため、農民の逃亡が相次ぎました。

また、戸籍をいつわって税負担を軽くしようとする農民も急増しました。

そのせいで土地は荒れ財源が不足

そこで桓武天皇は、792年に軍事の得意な少数精鋭部隊を作って農民から兵役の義務をなくします。

また、805年には平安京の建築を途中でストップして、農民の負担を軽くします。 823年になると税の徴収方法を変え、土地単位で税を徴収しはじめました。

しかし財政はますます苦しくなっていったため、天皇や皇族、官人は直接土地を持って収入を得るようになります。

こうして、天皇中心の律令制度は財政面でも崩れていきます。

再び藤原氏の台頭

9世紀はじめまでは桓武天皇やその次の嵯峨天皇が権力を握り、天皇中心の律令国家を取り戻そうとしましたが、徐々に藤原氏が台頭。 藤原冬嗣は天皇の機密を扱う責任者になり、力を手に入れます。

それを引き継いだ藤原良房は政治を自分の思うように動かし始めます。

対立する貴族を排除し、朝廷での高官職を藤原氏が独占。

天皇と親戚関係になり、自分の所有する土地も広げていきます。

さらに藤原良房は、子どもの基経を天皇サポート役“関白”という役職にして勢力を拡大します。

しかし、基経の死後、藤原氏と外戚関係がなくなった宇田天皇は、摂政や関白の役職をなくし、菅原道真を重用するようになります。

道真は後世に学問の神様と呼ばれるほど賢い人物で、宇田天皇や次の醍醐天皇のもとで活躍しましたが、901年、藤原時平の策略で左遷されてしまいます。

道真を左遷し再び権力を握った藤原氏。

藤原時平の弟、忠平が摂政・関白の地位につき政治の実権を握ります。

その後、敵対勢力を排除し、摂政関白の地位を藤原氏が独占するようになります。

道長の時代になると、藤原氏は全盛期に!!

道長は4人の娘に天皇の子どもを産ませ、天皇の祖父として50年間、政治を支配します。

ちなみに、天皇家と藤原氏の政権争いのもとで、各地の統治方法も大きく変わっていきます。

 




貴族の圧力と私有地の増加

8世紀~9世紀。

墾田永年私財法によって、力のある貴族や寺院が次々に土地を開拓し、さらに力をつけていきます。

開拓した土地には税金が課されますから、政府の財政も少しはマシになってきます。

しかし、次第に貴族や寺院が強大になり、「税を免除しろ」という圧力をかけるようになります。

この時、政権は藤原氏が握っていましたから、自分の利益を拡大するために税を免除する制度を作ります。

税を免除してもらえる寺院や貴族が現れると、農民や領主はそこに土地を譲ってしまいました。

それにより農民は少額の税を貴族や寺院に払うだけでよくなり、国には税を納めなくなります。

こうして、国家が介入できない土地がどんどん増えてきます。

こうなると、政府の力はますます弱くなり社会が荒廃。

自分の土地を自分で守ろうとした豪族や有力農民は、武装して弓矢を持ち、馬に乗って戦う武士になっていきます。

やがて、武士同士が手を組んで大きな集団になると、地方武士の力が強力に。 武士は、“承平・天慶の乱”を鎮圧するほど力をつけます。

この事件により、武士の力を知った朝廷や貴族たちは、武士を警護や治安維持に用いるようになります。

強力な仏教勢力

さて、貴族だけでなく武士の力も強くなった9~10世紀。

貴族、武士の勢力に加えて、もう一つ厄介な勢力がありました。

それが墾田永年私財法で力をつけた寺院の僧侶たち。 僧侶は武装して国司と争ったり、朝廷に大勢で押しかけて自分たちの主張を通そうとします。

僧侶たちの力と勢いはすさまじく、当時権力を握っていた藤原氏でさえ迂闊に手を出せませんでした。

時は流れ天皇中心の政治に!!

天皇、貴族、武士、僧侶。 様々な勢力が入り乱れたまま時代が流れていきます。

1068年!! 後三条天皇が即位すると、血縁関係がない藤原氏の力は弱くなっていきます。

後三条天皇は即位したとき、すでに34歳。 政治に対して熱い情熱をもち、貴族に遠慮することなく堂々と政治を実行します。

自分のやりたいように政治をするには、僧侶の脅威から身を守らなくてはいけないので、武士の力を借りるようになります。

さらに次の代の白河天皇。 白河天皇は後三条天皇の意志を引き継ぎ天皇中心の政治を行いますが、天皇の位を8歳の子どもに譲ってしまいます。

当然、まだ幼かった子どもには政治を運営する能力がないため、白河天皇は白河上皇となって政治を支配。

上皇は天皇による任命の手続きを必要としなかったため、法と慣例にこだわらず政治ができ、他の貴族の力を抑えるのに有効でした。

その後、白河上皇は孫、ひ孫が天皇になった40年間、上皇として政権を支配することになります。

上皇の制度は100年ほど続きましたが、のちに大きな争いを生みます。

源氏と平氏 強力な武士の登場

1156年。

鳥羽上皇と崇徳天皇は、新たな天皇の座を巡って争います。

この争いは貴族や武士を巻き込み、大きな戦に。

ここで活躍した源氏平氏という武士は、大きな力を身につけることになります。

すると、今度は1159年。 源氏と平氏が対立し争いを始めます。

これに勝利した平氏のトップ“平清盛”は娘に天皇の子どもを産ませることで政権を握り、清盛の子どもたちで高官の位を独占します。

しかし、平氏の独裁政治が進むと利権を奪われた貴族や寺院、地方武士が反発。

平氏は滅ぼされ、時代は鎌倉時代へと移ります。

>>続きを読む(平安時代の食事・服装・生活)

 

>>奈良時代の流れ

>>鎌倉時代の流れ