第81代天皇 安徳天皇

1280px-Emperor_Antoku

<出典:wikipedia

第81代天皇

安徳天皇 あんとくてんのう
(1178年~1185年)

 

 

1178年。

安徳天皇は、高倉天皇と平徳子の子どもとして誕生。

名を言仁といいました。

 

当時の権力者・平清盛は、何が何でも自分の孫を天皇にしようと考えていました。

そこで、娘の徳子を高倉天皇に入内させます。

徳子が妊娠すると、平清盛は厳島神社まで行って皇子誕生を祈願。

そして、1178年。

言仁親王(安徳天皇)が生まれます。

1180年。

高倉天皇は、子どもの言仁親王(安徳天皇)に天皇の位を譲ります。

こうして、平清盛は天皇の祖父という地位を手に入れたのです。

 

しかし、平清盛が亡くなると、安徳天皇の運命は暗転。

木曽義仲が都へ攻めてきたため、平氏一族は西国へと逃げていきます。

このとき、安徳天皇も母の徳子に連れられて都を離れます。




平氏一族は讃岐の屋島に本拠地を置いて、巻き返しを図ります。

しかし、一の谷、屋島で敗れたため、さらに西へ逃げていきます。

1185年。

壇ノ浦で源氏と衝突。

これにも敗れ、いよいよ最期のときを迎えます。

 

安徳天皇の祖母、二位尼(にいのあま)は安徳天皇を抱きかかえます。

すると、安徳天皇は「私をどこへ連れて行こうとするのか?」と問いかけます。

二位尼は「波の下にも都がございます」と返答。

安徳天皇は東の伊勢神宮を伏して拝み、抱きかかえられたまま海に身を投じ亡くなりました。

このとき数え年8歳

歴代天皇のなかでも最年少でした。

 

ただ、中には安徳天皇が生き延びたという説もあります。

一番有名なのは鬼界ヶ島まで逃れて68歳まで生きたという説。

天皇の代わりに別の子どもが入水したという説もあります。