武田信玄のお母さんは教育ママ!?大井の方

<出典:wikipedia

甲斐の虎の異名を持つ戦国大名・武田信玄。

その母親・大井の方(大井夫人)は、大井信達の長女としてこの世に生を受けました。

そして、息子・信玄に熱心に教育をほどこしました。

甲斐の虎を育てた大井の方とは、一体どんな人物なのでしょうか?

“仲直り”のために政略結婚!

大井の方の父・大井信達は、当時の甲斐(現在の山梨県)では最も力を持っていました。

そのため、信玄の父・武田信虎は、大井氏との繋がりが欲しいと考えました。

「自分のところに嫁いでもらいたい」

信達の娘に何度も求婚した武田信虎でしたが、信達はそれを受け入れることはありませんでした。

そしてその後、両家は対立してしまいます。

 

戦いの結果、武田信虎が勝利すると、信達は信虎に従うことを決めました。

そして、その“仲直り”の証として、信虎が何度も頼み込んでいた結婚の申し込みを受け入れ、信達の娘・大井の方が信虎のもとに嫁ぐことになりました。




諏訪大明神のお告げ

信玄がまだお腹にいる時、武田氏は駿河(現在の静岡県)の今川氏に攻め込まれました。

福島正成率いる軍勢が迫る緊迫した状況で、大井の方は要害山城に避難し、そこで信玄を産むことになります。

 

信玄の出産について伝承があります。

信玄を出産する直前。
大井の方の夢に諏訪大明神の使いが現れて「信玄が生まれることで、武田が今川氏との戦いに勝つ」というお告げをしました。

お告げが本当にあったのかは分かりませんが、福島正成との戦いは武田氏の勝利となりました。

信玄への教育

当時、禅寺は“学び”の殿堂とされていて、知識豊かな僧は武将たちの先生をすることがありました。

大井の方は信玄のために、尾張(現在の愛知県)・瑞仙寺の岐秀元伯を招きます。

そして、信玄はこの元伯を自分の先生として、彼からたくさんのことを学びます。

兵法や儒学だけでなく、歌や書なども教えられました。

このおかげか信玄は和歌が得意で、多くの歌が残っています。

 

信玄に良き師をつけた大井の方ですが、彼女自身も熱心に信玄の教育に携わります。

信濃上田原の戦いで、信玄が村上義清に惨敗したときのこと。

敗北した信玄は20日ものあいだ撤退せずにいました。

これを聞いた大井の方は、信玄に使いを送って説得します。

信玄は、それでやっと撤退しました。

 

実は若い頃の信玄は、乱暴な振る舞いをすることがありました。

それを諭して言い聞かせたのも、大井の方だったのです。