平安の世に現れた恋と歌のエキスパート・和泉式部

和泉式部

<出典:wikipedia

和泉 式部 いずみ しきぶ
天元元年(978年)頃 – 没年不詳

はじめに

平安時代。

大江雅致の娘として、和泉式部は生まれます。

大江家は学者を輩出してきた家柄です。

和泉式部は少女時代から漢詩や和歌に触れて育った、いわゆる文学少女でした。

そんな彼女は、紫式部、清少納言と並んで、平安王朝の三才女に数えられることになります。

 

和泉式部は和歌の天才として当時から有名でしたが、中でも得意中の得意だったのが恋を題材にした歌。

それと同時に恋愛のエキスパートでもありました。

才能を認められて……

和泉式部が和泉式部と呼ばれるのは、彼女が和泉守道貞の妻だったから。

しかし、夫がいる身でありながら和泉式部は恋をします。

相手は冷泉上皇の息子・為尊親王。

和泉式部の歌人としての才能に惹かれて、親王のほうからアプローチがあったようです。

しかし、為尊親王はすぐに病死してしまい、親王との恋は僅か1年ほどで終わってしまいます。

 

 

それから1年後、和泉式部は新たな恋に落ちます。

相手は病気で死に別れた為尊親王の弟の敦道親王。

そのときの恋を綴ったのが『和泉式部日記』でした。

 

『和泉式部日記』の内容

旧暦4月。

和泉式部のもとに、敦道親王からの使いがやってきます。

その使いが持ってきたのは、橘の花だけ。

 

当時、貴族にとって和歌とは最も大切な教養でした。

敦道親王が使いに持たせた“橘の花”には、もちろん意味があります。

『古今和歌集』に「五月まつ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」という歌があります。

この歌になぞらえて、橘の花には「亡くなった兄のことを、一緒に偲びましょう」というメッセージが込められていました。

 

当時『古今和歌集』は丸暗記するのが良い、とされていました。

和泉式部は橘の花のメッセージに気づいて、返事の和歌を送ります。

そこから二人の恋は始まりますが、敦道親王との恋は僅か十ヶ月で終わりを迎えます。

敦道親王もまた、病に倒れ帰らぬ人となってしまったのです。

キャリアウーマンの道へ

敦道親王がこの世を去って2年。

和泉式部は藤原道長の誘いで、彼の娘である中宮・彰子に仕えることになります。

天皇の妻や娘などを主人として、後宮ではあちこちで競い合っていました。

仕える女房たちの仕事は多岐にわたりますが、その中で和泉式部は歌の才を買われ、迎えられたのです。

彰子のもとには、あの紫式部もいました。

他にも、清少納言や赤染衛門など、百人一首にも選ばれた一流の歌詠みたちと交流しながら、和泉式部はキャリアウーマンとしての道を歩んでいきます。

和泉式部が恋のエキスパートで和歌の天才だったのは、恵まれた才能と、心を震わせるような恋があったからなのでしょう。