第49代天皇 光仁天皇

5b58acee-s

<出典:城とか陵墓とか

第49代天皇

光仁天皇 こうにんてんのう
(709年~782年)

 

光仁天皇は天智天皇の孫で、長い間、「白壁王(しらかべのおきみ)」と呼ばれていました。

光仁天皇は実務に長けており、760年の光明皇太后の葬儀の際には山作司(みやまつくりのつかさ)になります。

766年には大納言に就任。

称徳天皇が紀州巡幸する際には、御前次第司長官(みさきのしだいしちょうかん)をつとめました。

 

770年。

第48代称徳天皇の病状が次第に悪化していきます。

すると、重臣たちは後継者を考えるようになりました。

右大臣の吉備真備(きびのまきび)は、天武天皇の皇子である文室浄三(ふんやのきよみ)を推薦。

一方、左大臣の藤原永手は、白壁王(光仁天皇)を推薦します。

また、ほかの藤原氏もほとんどが白壁王を推薦。

こうして多くの支持を集めた白壁王は、称徳天皇のあとを継ぎ、光仁天皇となりました。

このとき光仁天皇はすでに61歳でした。

 

天皇の系統が変わる

第40代天武天皇以来、100年近く、天武系が皇位を継いでいました。

しかし、光仁天皇誕生により、天智系の天皇が皇位に就くこととなりました。

 

光仁天皇は井上内親王を皇后に、他戸親王を皇太子としました。

しかし772年。

皇后と皇太子は、天皇を呪詛したという疑いで位を剥奪されます。

代わりに皇太子となったのが山部親王(桓武天皇)でした。

山部親王には反対派も多くいましたが、藤原百川(ももかわ)らによって皇太子となったのです。

 

穏健な性格で、「奈良麻呂の乱」や「仲麻呂の乱」に関与した人間の流罪も解いた光仁天皇。

782年にその生涯に幕を閉じます。