伊藤博文(明治時代)

Itō_Hirobumi

<出典:wikipedia

伊藤博文 いとうひろぶみ (1841-1909)

 

 

1841年。

伊藤博文は長州藩(山口県)の農家に生まれました。

13歳の時。

足軽の伊藤家の養子となると、やがて松下村塾で吉田松陰から学ぶようになります。

1863年。

博文は藩の許しを得てイギリスに留学。

そこで、長州藩が外国船を砲撃したため、「イギリスなどの4ヶ国が報復のため下関を砲撃する」というニュースを知ります。

ニュースを知った博文は急いで帰国。

藩の重役に戦いを避けるように説得しました。

しかし、これが聞き入れられず、長州藩は敗れ下関砲台を占拠されてしまいました。

これを機に博文は、木戸孝允に従い江戸幕府を倒す運動に加わりました。

 

新政府ができると、博文はその力を認められ、財政や貨幣制度の調査のためアメリカへ渡ります。

ついで1871年。

岩倉使節団にも同行。

海外の進んだ制度を学びます。

 

1878年。

大久保利通が殺されると、博文は大隈重信とともに政府の中心人物になります。

自由民権運動が高まってくると、1890年に国会を開くことを約束。

同時に、国会開設を急ぐべきだと言った大隈を政府から追放します。

 

国会開設が決まると、そのために必要なのが憲法

博文は憲法を調査するためにヨーロッパに渡り、君主の権力が強いドイツの憲法を勉強します。

そして1885年。

内閣制度が作られると、伊藤博文は初代総理大臣になりました。

 

その後も、博文は憲法作成に力を注ぎます。

ドイツから招いた憲法学者ロエスレルの意見を参考に、井上毅(こわし)・伊東巳代治(みよじ)らと憲法を作っていきます。

1889年。

ついに大日本帝国憲法が完成。

天皇が国民に与えるという形で発布されました。




朝鮮への進出

1894年。

博文は2度目の内閣を組織していました。

このとき、日清戦争が起こります。

これに勝利した日本は、下関で講和条約を締結。

清(中国)に朝鮮の独立を認めさせ、台湾・リアオトン半島を手に入れ、賠償金3億円を支払わせます。

 

1900年。

国会で政治をするにあたり、政党に苦しめられた博文は、自ら立憲政友会を作ります。

そして、この政友会を基礎に内閣を作り上げますが、貴族院の反発などですぐに潰れてしまいました。

 

1905年。

日露戦争に勝利すると、日本はソウルに統監府という役所を設置。

韓国の支配を強力なものにします。

博文はここの初代統監となり、武力で韓国を支配。

植民地政策と近代化を進めていきます。

しかし、1909年。

博文は中国のハルビン駅で、韓国の青年に殺されてしまいます。

これを受けて、日本は韓国併合を行うこととなります。