第85代天皇 仲恭天皇

日本の歴史

<出典:城とか陵墓とか

第85代天皇

仲恭天皇 ちゅうきょうてんのう
(1218年~1234年)

 

 

1218年。

仲恭天皇は順徳天皇の第一皇子として誕生。

母は九条立子(りゅうし)で、名を懐成(かねなり)といいました。

 

史論書『愚管抄(ぐかんしょう)によると、「順徳天皇の父・後鳥羽上皇が、仲恭天皇の誕生を待ち望んでいた」といいます。

実際、誕生からわずか1ヶ月で、仲恭天皇は皇太子になります。

 

仲恭天皇が誕生したころ。

後鳥羽上皇は討幕計画を立てており、順徳天皇はこれに協力していました。

しかし、天皇の位のままでは様々な制約があります。

そこで、順徳天皇は皇位を譲ることを決意。

仲恭天皇はわずか4歳で天皇になります。

このとき、摂政として代わりに政治を行う役を担ったのが、仲恭天皇の叔父の九条道家(くじょうみちいえ)でした。

 

1221年。

承久の乱が勃発。

仲恭天皇は道家の九条邸に逃れます。

『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』によると、このとき三種の神器が閑院内裏に置かれたままで、当時の混乱が伝わってきます。

 

承久の乱は、後鳥羽上皇側があっさりと敗けて決着。

仲恭天皇は鎌倉幕府によって天皇の位から降ろされてしまいます。

在位期間わずか70日。

即位式も大嘗祭(だいじょうさい)も行われないまま天皇の座を降りたため、「半帝」「九条廃帝」などと呼ばれました。

ちなみに70日という在位期間は、歴代天皇のなかで最短です。

 

その後、九条邸で暮らすようになった仲恭天皇は、17歳の若さで亡くなってしまいます。